読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ちいさい秋みつけた』

最近は食べたものばかりで、僕の心のありようとかまったく書かなくなってしまった。書くのが精いっぱいだ。面白くないのである。
秋も深まってきたと思ったら、今日は台風24号が近くにいたせいか、この時期にしてはとても蒸す日だった。部屋の温度計を見たら29.5℃もあり驚いた。
そんなことを話してたら話が進まなくなる。なんせ僕が今日テーマに挙げるのは、『ちいさい秋みつけた』という曲だ。寂しくて風情がある曲だと思っていた。エスパー少年ねじめという漫画で、るきじに変装したねじめがかわいそうなぞうという作品を読んで号泣してしまい、先生がるきじ君のために元気が出る曲を歌いましょうとこの曲を歌っていたのを思い出す。
しかしこの曲、よく聴いたことがなかった。この前テレビで懐かしい曲を紹介する番組をやってて、秋を感じる曲というテーマでこの曲が流れたのだが。
歌詞が怖いぃぃ。特に2番。嫁さんも精神病院みたいで怖いと言っていたが、確かにお部屋は北向きというところでもう怖い。昔から僕は、うっかり寝相が悪くて北向きになってしまったとき死ぬんじゃないかとおびえるくらい北枕が怖かったのに。
ところでこの曲を紹介していたのは『日本名曲アルバム』という番組なのだが、はいだしょうこお姉さんが歌っていたつばさという曲に感動した。うたのおねえさんは、学校で声楽を勉強するからそんじょそこらの歌手よりずっと上手いんだそうだ。なるほど、でも絵の勉強は教えてくれないんだね。