読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

息子の背中スイッチ回避法

赤ちゃんをせっかく寝かしつけても、お布団に置くと起きてしまう。背中にスイッチがついているのではないかといういわゆる「背中スイッチ」現象だが、お布団へ赤ちゃんを置くときに工夫することで赤ちゃんを起こさずに済む(ことがある)。
まず腕を背中に回したまま背中からお布団に下ろす。すると赤ちゃんはびくぅっとなるが慌てない。赤ちゃんが落ち着いてきたら、そおーっと赤ちゃんの背中とお布団の間の腕を抜く(G難度)。
続いて、頭を下ろす。するとやはり赤ちゃんはびくぅっとなるが慌てない。赤ちゃんが落ち着いたら、そおーっと赤ちゃんの頭とお布団の間の腕を抜く(H難度)。
これて赤ちゃんか起きなかったら成功だ。静かに腕を抜く技術が求められるが、残念ながら必勝法はない。