読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

息子の風呂見知り

育児
前々から息子は定期的に「おふろやだ~~」ってなる子だったが、なぜなのか岡山のママの実家に行ってわかった。どうやら息子は、見知らぬお風呂や、久しぶりに入るお風呂を嫌がるようだ。というのも岡山のおうちのお風呂はいやいやとずっと泣いていたのだ。
風呂見知りなんてジャンルがあるのかと驚くが、あるものは仕方ない。今の自宅でも、息子がゲリしてしばらくお風呂に入らない期間があって、久しぶりにお風呂入ろうと連れていくとぎゃあああんとなっていた。
そんなときはいろいろ策を練った。僕がお風呂に連れて行くと泣くから、お風呂の前で全裸で待って(寒い)息子に自力で来させるとか、僕が裸なのがだめなのかと思って、タオルを巻いて迎えにいったり、いろいろ試したが有効な手段は何ひとつなかった。
というかそもそも息子が鋭すぎる。なんでなのか知らないが僕がお風呂に連れて行こうとするのがわかるらしく、脱衣所に行く前にもうすでにえええええんと泣きはじめる。しかしこれは考えようによっては、息子が今の時間と僕が迎えにきた状況を勘案してお風呂に行くんだと判断しているのだとしたら、うちの子は相当天才じゃないだろうか。
他に考えられるとしたら、ママとその一族はやたら鋭い直感の持ち主で、その遺伝子を息子が受け継いだというところだろう。