読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

久々に雑念

なんか最近毎日食事をつけているだけでも俺エラいなとか思い始めている。毎日日記を書くぞという昔の志はどこへ行った。やっぱTwitterはダメだね。楽すぎる。快適すぎる。直感的すぎる。うんいいこと尽くめだ。だからダメなんだ。こうやってとりとめもなく行を埋めていくのが好きだった自分のアイデンティティを忘れてしまう。
いつの間にか世界も変わったよ。いきなり現れたよくわからないオッサンが大統領になりそうだ。それにしてもドナルド・トランプとはなんとも気の抜けた名前だ。他にもっといい人がいたんじゃないのかと不思議でならない。まあこうやって新参者に冷たくあたるのは日本人の悪いところだ。時代が呼んだ人なんだろうからそれに従うのが賢い生き方というものだろう。
今までもたいていそうだったが、今日という今日は本当に話の終着点を見出していない。久しぶりに日記をつけているからには何かゴールに腰を下ろしたいが・・・
しかしここ10年くらいずっと思っていたことなんだけど、僕は今までずーっと眠っていた気がする。僕の日記を検索したらきっとどこかで同じことを言っていると思う。つくづくよくこんな何も考えずに生きてこれたなと、いや何も考えてなかったからこそ生きてこれたのか?
日々それなりに目の前のことにがむしゃらに取り組んでいるつもりなんだが、なんだろうなんかどれも「やっている」実感がない。雲をつかんでは、雲に囲まれ、残るのは空虚さだ。
いやまあいいんだ。別にここでその考えの正体を突き止めるのはめんどくさいしやらない。しかし自分が社会の歯車になれていない責任を感じるのはたしかなんだ。
バタフライ・エフェクトじゃないけど、例の博多の道路陥没事故も、なんか自分が無気力に生きていたせいで起きたんじゃないかと考えてしまう。いやいやわかってるんだそんなのはどうかしてるって。僕も本気でそんなことは考えちゃいない。しかし、誰かがちゃんと維持してないと、誰もが安全安心と疑わない日本でもそんなことが簡単に起きちゃうんだなって。僕が確証のない安心感にあぐらかいて寝ながら*1生きてたら、日本はこのまま滅びるんじゃないかなって。この日本は、誰かが常に守ってくれているからあるんだなって。
いやここで、だからがんばろうとか安易に言いたくはないのね。社会人になって、責任の所在を気にするようになっちゃって、いまがんばろうって言っちゃったら責任が生じないかなって、どうでもいいこと考えちゃったんだ。でもこんな当たり前のことなんで今まで考えもしなかったのか、本当に不思議でならない。目の前のことに一所懸命に取り組んでいたら、僕はこの国を救えるんだろうか?どうすれば僕の子供により良い未来をあげられるんだろうか?とりあえず、今のこの国の現状を、世界の現状を勉強したいなとは思う。

*1:あぐらで寝るのは、むずかしい