読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

息子のこんなところがかわいい 1歳半まで

育児

・しゃべる言葉がかなり増えた
「みーみー(耳)」「はーはー(鼻)」「めー(目)」「ちー(口)」「ぷーん(スプーン)」「ばーぱ(バナナ)」「じんじん(にんじん)」「かぼぼぼーちゃ!(かぼちゃ)」「たー(靴下)」「えるえる(エルゴ。抱っこひも)」「しゃー(電車)」「かー(傘)」「わんわん(犬)」「にゃあにゃあ(猫)」「がーがー(アヒル)」「ぴぃぴぃ(小鳥)」「ぴーぴ(体温計。計測が終わるとピッピッと鳴る)」
・絵本を読むと一緒になって読む
犬や猫がわんわんにゃーにゃー言うと一緒に鳴き真似したり、ゾウさんが出てくると手を鼻に見立てて「うーん(パオーン)」と言ったり、『ぞうくんのさんぽ』という本で「うんうんおもいぞ」というところで「うんうん」と言ったり、ウサギの絵を見てピョンピョン跳ねたり、『おふろだ、おふろだ!』という本で「あったまったらせなかをごしごし」というところで手をすりすりしたり、『ぐりとぐら』でぐりとぐらが名案を思いついて手をぽんとたたくところで「ぽん」と言って膝をたたく
・僕の手をぽんぽんたたきながら「パァパァ(パパ)」と言ってくれる
・手を拭いたり、テーブルを拭くとき「ふきふき」と言う
・お皿に残っているごはんを集めてほしくて、すくって~という感じで「ぷーん!」と言いながらスプーンを渡してくる
・クマのぬいぐるみを渡すと、「わぁーう、わぁーう」という不思議な声でしゃべる。ぬいぐるみの声をあててるつもりなんだろうか?
・ラベンダーの香りがする小さな香り袋を渡すと、なぜか自分の名前を言いながら裏、表とひっくり返す
・保育園に持って行くおむつに名前を書いていると、自分の名前を言う。まさか読んでる?
・シールや磁石を「ぺったん!」と言いながらいろんなところにくっつける
・ボタンをとにかくよく押したがる。エレベーターや電気のスイッチはもちろんのこと、レンジのスタートボタンを押そうとすると、押させて~という感じで「ぴーぴー」と言ってくる
・電車を見つけると「しゃー」と言って、ガタンゴトンという音に合わせてリズムをとる
・お昼寝してても、おやつだよーと言うと「えっ!おやつ!?」という感じでガバッと起きる(ときがある)
・テレビで演出で早送りになってせかせか人が動いているのを見るとケラケラと笑う
・ゴミをゴミ箱まで持って行って、「ぴー(ポイッ)」と言いながら捨てる
・外で抱っこしているとき、下りて歩く?と聞くと、何かを思い出したように急に怒り出し抱っこひもから出ようとする。歩くの大好き。というかこっちの会話をとてもよく聞いている
・会話で「あした」という言葉が出てくると拾って「あしたー!あしたー!」となぜか嬉しそうに繰り返す。天気予報とかであしたの天気は~と言ってるのも拾う
いないいないばあっ!の『わーお!』はほぼ完璧に踊れる。おかあさんといっしょの『ブンバボーン』もかなり踊れる
・とにかくあいさつをよくする。病院の先生、保育園の先生、店員さん、保険のおばちゃんは序の口で、テレビで「終わり」の文字が出ると「バイバーイ」と手を振っておわかれする。「終わり」の文字がないときも雰囲気で番組の終わりを察するらしく、手を振っている。おかあさんといっしょでおにいさんおねえさんがみんなーげんきー?と言うと必ず「はーい」と返事をする。アナウンサーの人がお辞儀をすると一緒にお辞儀をすることもある