読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

息子が僕に似てきた…?

どうも。うちの息子は元気です。もう1歳10か月になりました。最近は話す言葉もますます増えて、いっちょまえにイヤイヤと主張するようになってきました。前みたいに力づくで強制しても通用しないことも増えて、なかなか一筋縄じゃいかないけど、それ以上にとてもいい子に育ってくれているのが何より幸せです。
いかんなんか久々に育児の話を書くもんでどういうテンションで書けばいいものかと立ち位置を見失ってる感がある。でも息子がホントにいい子でかわいくってたまらんのはほんとなのよマジに。大変だけどいろいろ。
最近なんか僕にいろいろ似てきている気がして、僕の好物のカレーライスを出すと、息子の好きな食べもの現状ベスト3に間違いなく入っているバナナを差し置いてカレーライスをパクパクパクーッと食べ尽くすし、電車の本を読んでその電車の名前や走っている場所を的確に当ててるし・・・
息子は息子の人生を精一杯歩いてほしいから何も僕の趣味を押し付けようとかいうつもりはなかったがごめんよおお!やっぱり俺と好みが似て、俺の好みを理解してくれると嬉しいんだよおおお!それとも遺伝子レベルで似てきているのか、もはやわからない。
遺伝子レベルを感じてしまったのは、以前僕が小学生のとき横断歩道のない道路を渡って交通事故に遭ったあと、その道路に信号と横断歩道が出来たという話をしたことがあるが、息子がママと耳鼻科に行ったとき、診察室のドアに手を挟んでしまったらしい。ビックリしただけで怪我とかしたわけじゃなかったのでそれは大きな問題じゃなかったんだけど、後日耳鼻科に行くと、診察室のドアに注意書きが貼ってあって、「手をはさまないように気をつけてね!」と書いてあった。
僕は信号を立ててしまったが、息子は早くも注意書きを病院に貼らせて痕跡を残してしまったのだ。何もそんなところまで似なくてもと思うが、とりあえず信号を立てるのは僕の代で終わってくれと願うしかない。